1. ホーム
  2. 遺言の効力
  3. 遺言書の必要性
  4. 予備的遺言で遺言書が無駄になる可能性は激減する

予備的遺言で「相続させる予定の相手が先に死亡」した場合に対応する

予備的遺言とは、相続させる予定の相手が、遺言者より先に死亡(同時死亡含む)した場合に、他の者に相続させる、と遺言で明示することをいいます。

例えば、妻に全財産を相続させる、という遺言書Aを作成した。

でも、私より早く妻が亡くなってしまった。

この遺言書Aは、遺産を受け取るべき人がいないので、なかったことになります。

よって、妻の代わりに長男に遺産相続させる、新たに遺言書Bを作成することに・・

ただ、この時、遺言書Aに「もしも、妻〇〇が遺言者が死亡する以前に死亡した場合には、長男〇〇にすべての財産を相続させる」と記載していれば、遺言書Bの作成は不要となります。

このように、予備的遺言を遺すことにより、作成した遺言書が無駄になる可能性を、大幅に減少させることが出来ます。

夫や妻への遺産相続の際には、特に予備的遺言を意識する

予備的遺言を書く

予備的遺言の活用が一番多いのは、配偶者への相続の時です。

もしも、配偶者が先に死亡したら、子供へ遺産相続させる、というような遺言です。

配偶者なので年齢が近いということもあり、どちらが先に亡くなるのか分かりません。

よって、このような予備的遺言が効力を発生する機会は、たぶんにあります。

妻や夫への遺産相続の際には、特に予備的遺言を忘れないようにしましょう。

予備的遺言のメリット

予備的遺言で、遺言書が無駄になる可能性が減る、というメリットの他に、遺産分割協議を省略できたり、当初の希望は無理でも、その次の希望は叶えられる、といったメリットもあります。

例えば、相続人となる人が兄と妹で、妹に全財産を相続させる予定だったとします。

そして、もしも妹が先に死亡したら、妹の長男(いわゆる姪)に全財産を相続させたい、と考えているとします。

この時、妹が先に死亡したら・・、という記載がない遺言の状態で妹が死亡し、さらに、新たな遺言書を作成する前に遺言者も死亡したり、認知症で遺言書を書ける状態でなかったりしたら・・。

この場合、兄と妹の子供たちで、遺産分割協議をすることになります。

もともと、兄へ遺産相続させることを考えていなかったのにも関わらず、兄が遺産分割協議に加わり、遺産相続する可能性が出てきます。

もしも、予備的遺言をしていれば、遺産分割協議が不要で、さらに兄に遺産が1円もいかなくても問題は発生しません。

兄弟姉妹に遺留分はないからです。

予備的遺言がないせいで、遺産相続させたくない相手に、法定相続分を相続させてしまった。

遺産分割協議を相続人がすることになり、無駄な相続争いが発生してしまった。

このようなことが起きないように、残された相続人のことも考えて、予備的遺言を遺しましょう。

予備的遺言を記載する際の注意点

予備的遺言を書く際には、「遺言者が死亡する以前」という表現が非常に大事です。

この表現により、

  • 遺言者より先に死亡した場合
  • 遺言者と同時に死亡した場合

の両方に対応できるからです。

質問

同時死亡って、ありえないのでは?

解答

交通事故などの、夫婦のどちらが先に死亡したのか判明できない場合、同時に死亡したとみなされます。

予備的遺言を記載する場合には、必ず「遺言者が死亡する以前」という文言を使用するようにしましょう。

関連記事関連記事

死亡時刻によって相続人や相続分が変化することも姉妹サイト:相続税対策本部 (別ページが開きます)

遺言をお考えの方は、まずはご連絡下さい。